脊椎動物の肉について

今日の晩御飯のおかずは、魚類の干物でした。具体的にはホッケの一夜干しです。


わたくしは、脊椎動物のうち哺乳類、鳥類、魚類の肉はよく食べますが、爬虫類と両生類の肉を食べる機会は滅多にないです。爬虫類はスッポン料理、両生類は食用ガエルを食べたことがありますが、各1〜2回ぐらいしか食の経験がありません。


爬虫類は、野球のパリッシュ選手が活躍していた時期にワニ料理が流行しましたね。沖縄にはウミヘビ料理があるというのを『美味しんぼ』で読みました。エラブウナギっていうやつ。両生類は昨今ウーパールーパーが食用として注目されてるらしいですね。ジャンプの増刊に載ってた『松井優征がウーパールーパーを食べる企画』を読んで、うまそうだと思いました。珍味として「サンショウウオのかば焼き」みたいな料理もあるらしいですね。あと媚薬で有名な「イモリの黒焼き」とか。
以上いずれも食べたことがないです。一度は話の種として食べてみたいですが、毎食となると勘弁してほしいです。将来、爬虫類や両生類の肉が、普通の食材としてスーパーマーケットの肉売り場に並ぶようになる日が来るかもしれませんが、別に来ても来なくてもいいぜ。


わたくしの、食材として好きな哺乳類は豚、好きな鳥類は鶏、好きな魚類は鯛です。普通でしょう。
会社帰りにヤクルトタフマンを1本飲んで、体力回復を図ったよ。