春日太一『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』を読みました!

<今年読んだ本 84>
『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』春日太一/文藝春秋
東映の京都撮影所の、時代劇や任侠映画の壮絶な制作現場で、映画製作に明け暮れる人々をえがいた、群像劇のノンフィクションです!

感想:ものすごくおもしろかったです!
さっそく東映の時代劇『柳生一族の陰謀』のDVDをGEOで借りてきて観ました!確かに萬屋錦之介だけ、他の出演者とはまったくちがう歌舞伎っぽい芝居がかった演技でした。他の作品や任侠映画も見なきゃ。