国立能楽堂で能と狂言を見た!

f:id:b0916903:20141214175202j:plain:w360:right千駄ヶ谷にあります国立能楽堂に行きまして、能と狂言を観てきました!12月の「能楽普及公演」で、曲目は狂言が『御茶の水』、能が『錦木』です!
結論から言いますと、かなりの長時間、居眠りをしてしまいました!能の面白さが理解できるようになるには、まだまだ勉強が必要です!
狂言の終盤でドタバタコメディーみたいになるところは笑えたし、能の囃子と謡は聴いていてひたすら心地よかったです。これにこりずにまた見に行きます。


国立能楽堂は、前の座席の背もたれの部分にモニターが埋め込まれていて、謡の詞章の字幕や、物語の展開の解説が映し出されるようになってて、ハイテク!!