『Dクラッカーズ7-1 王国』を読みました!

<今年読んだ本 5>
『Dクラッカーズ7-1 王国 -the limited world-』あざの耕平/富士見ミステリー文庫
シリーズ本編7冊目です!前の巻で、景と甲斐が姿を消し、みんなが景と甲斐に関する想いを失ってしまう中で、カプセルを飲んだことのない千絵だけが記憶を保っていて一人で奮闘して、さてどうなるか・・・という話です。
Dクラッカーズ7-1 王国 -the limited world-
2007年に出た新装版では、『DクラッカーズVI 王国』というタイトルで出ています。

感想:おもしろかったです!いやーっどうなるんでしょう。