漆原さん、二度目の完全制覇おめでとうございます!!

今日は月曜日だが、先月に土曜日出勤したときの代休をいただき、休みました。


で、今日はなんといってもSASUKEでしたね!!
漆原さん、二度目の完全制覇おめでとうございます!!!
練習風景の紹介で、室内に渡した角材に指先でぶら下がって、ひたすらクリフハンガーの往復移動を繰り返し、「これを毎日やっておかないと絶対クリアできないんですよ」という姿が、たいへん格好良かったです。愚直な努力は裏切らないんですね。


1stステージであれだけ圧倒的パフォーマンスを見せつけたアメリカ代表軍団が、3rdのアルティメットクリフハンガーで相次いで落下、ついに1人も越えられなかったというのが、意外でした。やっぱりアメリカ勢は巨漢が多いから、ぶら下がる系は後半きついのでしょう。
長野誠さんも漆原さんも又地さんも身長160cm台で、わりと小柄です。SASUKEの神に選ばれた人間になるためには、身長制限があるのかもしれません。
あと、アメリカ勢の職業は「株式投資家」「プロのフリーランニング選手」「ミュージシャン」など、キラキラ輝くような肩書きが多いのに対して、日本のSASUKEのトップ選手は「漁師」「靴の営業マン」「塗装工」など、普段は地味だけど頑張って仕事している的な職業が多いのが、素晴らしいと思います。日本人えらい。


それと、毎回思うんですが、台湾の英雄リー・エンチさんは、大道芸人サンキュー手塚さんに似ています。顔や体型や服装など全体的に似てると思います。賛同してくれる方求む

  • 次回のサスケはこんなふうに凶悪になってほしい
    • 5連チェーンシーソー
    • ウォールリフティングが50kg、60kg、70kg
    • パイプスライダーが最初から最後まで上り坂になってて、前進し続けないとずり下がって後退してしまう