『とある魔術の禁書目録 9』を読みました!

<今年読んだ本 147>
とある魔術の禁書目録 9』鎌池和馬電撃文庫
9巻です!今ちょうどアニメでやってるところの話です!学園都市で「大覇星祭」という大規模な体育祭みたいなイベントが行われる中、魔術界の人たちの恐ろしい陰謀が進んでいるというお話でした。胸の大きいクラスメイトの吹寄制理が登場します。

とある魔術の禁書目録(インデックス)〈9〉 (電撃文庫)とある魔術の禁書目録(インデックス)〈9〉 (電撃文庫)
鎌池和馬 灰村キヨタカ

メディアワークス 2006-04
売り上げランキング : 924

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

asin:4840233853

感想:おもしろかったです!
今巻も、登場人物たちの窮地に陥り具合と、自己犠牲ぶりが最高でした。このシリーズの醍醐味だと思います。ステイルと土御門が格好いい。
当麻のお父さんの刀夜の、天然でモテモテぶりも好感が持てました。
女子の着替え等のサービスシーンに、期待通り挿絵が付いているのが素晴らしい親切設計だと思いました。美琴の、限りなくデレデレに近いそぶりと、それとは逆に全くデレ要素のない吹寄制理のさっぱり具合の対比が、また味わい深かったです。