『B.A.D.13 そして、繭墨は明日もチョコレートを食べる』を読みました!

<今年読んだ本 72>
『B.A.D.13 そして、繭墨は明日もチョコレートを食べる』綾里けいし/ファミ通文庫
13巻で、シリーズ本編の最終巻です!異界に行ってしまった繭墨あざかを連れ戻すために、小田桐が異界へ行って、いろいろある話です。

感想:ものすごく面白かったです!
コミカルな場面あり、このシリーズらしい内臓や血がボトボト出るグロテスクな描写ありで盛りだくさんでした!雨香の言葉に感動しましたし、ラストシーンはメインキャラ勢ぞろいでグッときました。
この後の話も描かれるという短編集が楽しみです。