Qさま高校生大会は面白かった! 東大寺学園強い!多治見西とラサールの戦いも熱かった

月曜日です!
『Qさま!!』の、インテリ高校生No.1決定戦が面白かったです!!東大寺学園のみなさん、おめでとうございます!多治見西高校もすばらしい健闘でした!全チーム熱かったです。若いっていいね。

第一ラウンドの、「プレッシャースタディ」で残り時間を競うやつは、1巡目では1番〜5番しか答えちゃいけないというルールが効いていましたねー!また問題がいつもより数倍難しかった!英語の問題は、難関大学受験レベルのマジ英単語じゃないですか。答えられずタイムオーバーになる場面が多くて、緊張感がありました。最後までどうなるかわからない。答えられなかった生徒ひとりに責任がのしかかる、過酷なルールでしたが、チームメンバーやQさまメンバーからのフォローもあったので、よかったのではないでしょうか。熊本高校の人の涙にはぐっときました。大竹さんの「この悔しさがバネになる」という言葉が温かかったです。

多治見西高校とラサール高校の戦いがドラマチックでした!多治見西が低得点に終わって命運も尽きたかと思いきや、ラサール高校の御手洗君が、普通に音読みで読めばよかった「頻々(ひんぴん)」という読みを、考え過ぎたのか最後まで正解できずタイムオーバーという、まさかの展開でした。ところで、多治見西高校の鈴木太郎くんは、フルネームで呼びたくなる名前です。

答えられなかった高校生は、ボードに何も書けないままタイムオーバーになるケースが多かったですね。また、難問を勘で攻めるという場面がほとんど無かったようです。伊集院さんから「なんでもいいから書いてみるのも手だよ!」というアドバイスがありましたが、高校生にとっては、間違った答えを書いて“ブー”ってなるのが恥ずかしかったのではないでしょうか。今後は、誤答覚悟で答えをたくさん書くという作戦が重要になると思います。次回があれば。
第二ラウンド以降はけっこうさくさく進んでましたね。

日本テレビの高校生クイズとの最大の違いは「三村さんのツッコミによる笑いがある」ことだと思いました。これはこれで毎年やってほしいです。

それはそれとして、「帰れま10」の、はなまるうどんのベスト10に、カレーうどんが入ってなかったのがショックでした。カレーうどん大好き!
楽しんごさんはブレイクしましたよねー。いいことです。