セカンド月もファイナルですね

いやー2月が早くも終わりますね。1年の六分の一が終了ですよ。早っやいですね。
今日は午前中に母と阿久比町立図書館へ行きました!図書館に行ったのは久しぶりだったので、調子に乗って、2週間では読みきれないであろう量の本を借りてしまいました。図書館へ行くと静かにテンションが上がります。できるだけ読みます。


さて本といえば、自慢ですが、雑誌『日経エンタテインメント!』の懸賞で、なんと、米澤穂信先生のサイン本が当たりました!やった!

儚い羊たちの祝宴

儚い羊たちの祝宴

この本です!応募するのに応募券が必要で、1名様にしか当たらないやつなので、超ラッキーかもしれません!やった!!米澤穂信作品はこれまでに『インシテミル』の一冊を読んだことがあり、かなり面白かったので、この本も、ありがたく楽しんで読ませて頂きます。ありがたやありがたや。



あと、今日の夕方6時半からやってた『弟子っちょピカ丸』という番組が、めちゃくちゃ面白かったんですよ!
おじいちゃんに美味しいウイスキーを飲んでほしいということで、小学生の男の子が、栃木県日光市の天然氷職人さんに弟子入りしていました。で、丸2ヶ月に渡って、氷作りの修行をしてたんですよ!小学生が2ヶ月ですよ!30分番組なのに!
寒波が来るまで一ヶ月間ずっと、氷を作る池の掃除をし続ける。いったん池に氷が張るけど、気温が高くて氷の出来が悪いと師匠が判断し、せっかく張った氷を全部割って捨ててしまう。大晦日も氷職人の師匠と一緒に年越し。そして新年一月一日に氷作りに最適な寒波が来て、やっと本格的に氷作り開始。それからも連日、氷の掃除をして、ついに見事な天然氷が完成しました。いやー30分番組ではもったいないぐらい内容が濃かったです。小学生が頑張ってる姿は感動しますね。
ちなみに現場レポーターはレッド吉田さんでした。グルモネアでも活躍してましたね。グルモネアは、有吉さんが「ニックネーム」を『ハゲ』でクリアしたのが面白かったです。